底地・不動産雑感
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰です!!
栗栖珊立です。
随分と失礼しております。
早いもんですね、このブログで最初にご挨拶してから何年経ったと思いますか?

それはともかく、これから、このブログのタイトルに相応しい話を見つけて、書いていこうと
考えています。
応援してやってください。




テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:日記

アジ?釣り
VFSH0002つり船
観音埼沖


観音埼にてアジをねらう。
本日の収穫27尾!?
2・26事件慰霊碑
灯台下暗しとはよく言ったものである。
先日社長と話してて渋谷法務局へ行かないとなんて話しをしていたら、社長の方から、渋谷法務局の傍には2・26事件の慰霊碑があるよなんて言われて。
当日謄本をあげて帰り際、そうだって思い出して、その慰霊碑はどこにあるんだろうって、辺りを見渡したら、なんと大きな慰霊碑があるではないか。
この法務局には何度となく足を運んでいたのに、今までまったく気づくことすらなかったんだから、自分でも不思議と言うか。

国家体制もまったく変わった今、2・26事件のことを日頃思い起こす人はいないかも知れないが、歴史としての事実はこれからも少なくともこの地にはその記憶を留めていくんだなと思いながら、慰霊碑の前で姿勢を正していたのだった。

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事

税務署往訪
今日は、物納の方向で調整している借地のなかのひとつが、その境界線上に一方通行の標識が少しかかっているとの指摘を受けて、先ずは税務署の担当官のもとまで事情の確認に行きました。
担当官のお話だと標識の頭部の端の線を垂直に落としていくと借地の境界を超えて借地内に入り込んでいるとの説明でした。
私にしてみればそんなことまであるの?って感じでしたが、説明を受けた後、現地の方にまわって来ました。
言われるとおり標識の根元は境界の外にあるものの全体が少し借地の方に傾いていて上方の標識頭部は確かに境界内に入り込んでいるって感じでした。
現地確認を終えた段階で夕方の5時を過ぎていたので、今日は取り合えず事務所に戻って来ましたが、明日は公安委員会?警察?の方にまわって、標識の是正につき相談にのってもらうつもりです。
物納についての教科書にはこんな事までは書いてなかったと思うんですけどね。
うちの社長は20年のベテランだと聞いているけど、こんなことも含めて社長から色んなノウハウを早く盗み取らないと、20年も私の場合かけてる気持ち的な余裕はないって今の感じですかね。
でも頑張りますよ。


テーマ:今日のお仕事 - ジャンル:就職・お仕事

栗栖珊立・借地人さん宅訪問
栗栖珊立です。
今日は、世田谷の借地人さん宅にお伺いしました。
地主さんの方で前々から、ちょうどその一画を相続税物納対象にと考えておられて、今回は物納するにあたって、借地人の方々に先ずは正式にご挨拶ということになったわけです。
物納ともなれば色々整理しておかないといけない事も多く、手続きも順序立ててやっていかないといけません。
先日区役所に行って位置指定道路の図面のコピーをもらって来ていましたので、その図面と境界を確認してみました。
随分時間が経っていることもあって、現況は少しずつ違っていました。
今回お伺いした借地人の方の話だと、隣接の借地人の方が新しく塀を建てられた時少し出っ張ってしまったはずとのことでした。
その後はお家の中で、契約書に書いてある借地の面積と以前改めて測量した結果とをつき合わせてみましたが、これもやはり少し違っていました。
契約書を国の要求する新しいものに差し替えてもらうにしろ、その前に地積の確定は必要となります。
最初から躓いてるわけにいきませんが、初めての体験となる私にとっては、こりゃ大変そうと心の中でつぶやいてしまいました。
お会いしないといけない借地人さんはまだいらっしゃいますし、近いうちに財務局・税務署の方の現地確認も控えており当分は気ぜわしい日が続きそうです。
それにしても、古文書とも言える従来の借地契約書と国の要求する契約書を見比べて、新たに追加する項目の多いこと、これを全部借地人の方に了承してもらわないといけないって事だよなって、つぶやきながら借地人さん宅を後にしたのでした。

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。